脂肪吸引手術で確実に痩せる|リバウンドのリスクを軽減

切らない施術

女医

脂肪吸引手術には「切る施術」と「切らない施術」が存在し、世間では主に「切る施術」が知られています。ここでは、「切らない施術」について知っていきましょう。痩身術における切らない施術は、幾つか存在します。その幾つかの施術というのは、ライポソニックスやゼルティック、脂肪溶解注射、ハーブ注射等です。ここでは、それぞれの施術方法について説明していきます。まず、ライポソニックスがどういった施術内容なのか知っていきましょう。ライポソニックスとは、高密度焦点式超音波を用いた施術となっています。皮膚表面から超音波を照射することによって、脂肪を破壊することができるのです。破壊された脂肪は体内に残りますが、自然に燃焼されていくため心配ありません。燃焼された後には、肥満が解消されスリムな体型を手に入れることができるでしょう。ライポソニックスによる脂肪吸引手術であれば、切る施術と異なり術後のダウンタイムが殆どありません。次に、ゼルティックによる施術について説明していきます。ゼルティックは、脂肪を冷却することでシャーベット状にし、分解するといった施術方法です。分解された脂肪は自然にゆっくりと排出されるため、身体に殆ど負荷が掛かりません。痛みも殆ど無いため、安心して施術を受けることが可能です。

美容外科クリニックで受けることのできる痩身術の内、切らない施術である脂肪溶解注射について知っていきましょう。脂肪溶解注射は、注射のみの施術であるにも関わらず、一般的な手術による吸引系の痩身術と同等の効果を発揮するといった施術になります。この注射による施術を受けた時には、脂肪細胞を体外へ排出することができ、リバウンドの心配なく痩せることが可能です。また、そういった効果の他にもリンパ液の流れが良くなり、血行促進や代謝アップといった効果を得ることができます。最後に、ハーブ注射について説明していきます。ハーブ注射は、天然由来の薬液を注入することによって痩身効果を得るといった施術です。天然由来の成分であるため副作用が発生する心配が一切なく、自然に痩せていくことが可能です。ハーブ注射であれば、ダウンタイムも全く必要ないため、施術後すぐにいつも通りの生活を送ることができます。このように、美容外科クリニックで受けることのできる痩身術には、手術を必要とする吸引系の痩身術の他にも、切らない施術というのが数多く存在するのです。自身が納得して受けられる施術を選択し、理想的な体型を手に入れましょう。