脂肪吸引手術で確実に痩せる|リバウンドのリスクを軽減

切る施術の種類

婦人

美容外科クリニックにて「脂肪吸引手術」を受けようと考えている女性がいるのであれば、事前に脂肪吸引手術における施術方法について知っておくことをお勧めします。脂肪吸引手術と一概に言っても、その施術方法は多岐に渡るのです。まず、施術方法は大きく「切る施術」と「切らない施術」の二つに分けることができます。多くの人は、脂肪吸引手術と聞くと、「切る施術」をイメージすることでしょう。しかし、中には「切らない施術」も存在するのです。ここでは、それぞれの施術内容について説明していきます。まずは、「切る施術」の施術内容を知っていきましょう。切る施術には、ボディジェットやベイザー、スマートリポレーザー、ライポマティックといった医療機器を用いた施術方法があり、使用する医療機器によって特長が異なります。まず、全体的に共通している点から説明していきます。全ての医療機器における共通点は、カニューレと呼ばれる管を使用するという点です。手術時には、カニューレを患部に挿入するために数mm程度切開します。医療機器によって、このカニューレの持つ機能が変わってくるのです。

ボディジェットと呼ばれる医療機器では、カニューレに「麻酔薬」と「止血剤」の混ざった溶液をジェット水として噴出する機能が備わっており、その水圧で脂を柔らかくすることができます。そして、柔らかくなった箇所から吸引していくのです。水圧によって脂肪を柔らかくするため、身体に掛かる負担も軽く済むといったメリットがあります。次に、ベイザーと呼ばれる医療機について知っていきましょう。ベイザーはボディジェットとは異なり、カニューレから超音波を発生させることによって脂肪を柔らかくしていきます。この方法は、どの医療機器の中でも特に効果的であると言われており、術後のダウンタイムも短いといったメリットがあるのです。そのため、脂肪吸引手術を受ける多くの女性から支持されています。

スマートリポレーザーという医療機器を用いた施術では、レーザーを照射することによって脂肪を溶解し、吸引していきます。部分吸引に最も適した方法だと言われており、レーザーを照射するために必要となる切開幅が1mmにも満たないため傷跡が残る心配がありません。最後に、ライポマティックと呼ばれる医療機器についてです。ライポマティックはベイザーに近い医療機器で、振動を利用した吸引を行なっていきます。太さの違うカニューレが何十種も存在し、吸引したい脂肪の量に合わせて選ぶことができるというのもライポマティックの特徴です。